2017年02月10日

初級レベル作業内容『フロアマット、足マット編』〜その10〜 最終回

全10話でお話してきました、車内のフロアマットクリーニングの初級編も今回でいよいよ最終回になります。最後に、フロアマットクリーニングを振り返って復習しましょう。

1、
まず、フロアマットクリーニングの簡単な知識からでした。フロアマットは車外に出してから作業する。フロアマット、足マットは車内で唯一の靴のまま踏む箇所ですので、その分汚れの程度が悪く、頑固な汚れが多い。そんな基礎的な話からでした。

furoamatokawakasi.gif

2、
作業のため第一段階は、「クリーナー散布」でした。散布の方法については、そこまで難しく考える必要はないが、使うクリーナーは車内に使うので「におい」がない物で、汚れの程度も悪いので洗浄力があるクリーナーを使う。そして、クリーニング後に乾燥させる時間があるので、なるべく水分量を少なくしましょう。そんな内容でした。

CIMG3375.gif

3、
第二工程は、「ブラシによるブラッシング」。クリーナー同様に洗浄力(ブラッシング力)が必要不可欠。しかし、フロアマットの素材を傷つける事はできないので、傷をつけずにブラッシング力があるブラシ。これを使いましょう。それには、機械の力、ポリッシャーの力を使いましょう。そんな内容でした。

CIMG3371.gif

4、
そして、フロアマットクリーニングの最終工程。「拭き取り」です。クリーナー散布からブラッシング、最後に拭き取り工程がある。これには、吸水性があり目の細かいウェス。マイクロファイバークロスを使いましょう。さらに、上質な業務用のマイクロファイバークロスを使いましょう。そんな内容でした。

uesuao2.gif

以上でフロアマットクリーニングの初級編が終了です。あくまで最初の段階、初級編ですがこの作業手順、道具を駆使すれば大まかな内容はできます。もちろん、フロアマットクリーニングをして何十年!なんてルームクリーニングのベテラン業者さんがいるくらいですから、これ以上の上級ノウハウは存在します。しかし、ある程度の結果はこれで得られるでしょう。























axekanban.gif

■業務用カークリーニング用品のアクス
〒194-0212
東京都町田市小山町179山口ビル1階
TEL:042-797-3886
FAX:042-797-3352
メール: info@axe123.co.jp
公式サイト: http://www.axe123.co.jp/hbinnetshop/index.html

posted by 業務用カークリーニング用品のアクス at 16:30| Comment(0) | フロアマットクリーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

初級レベル作業内容『フロアマット、足マット編』〜その9〜

前回ブログの続きです。前回までは、フロアマットクリーニングの第二工程まで終わりました。クリーナー散布からブラシによるブラッシングでしたね。次は、フロアマットクリーニングの最終工程です。

クリーナーをかけて、ブラシで擦って、そして最後は「拭き取り」です。フロアマットの汚れは頑固、洗浄力の高いクリーナーをスプレー、ブラッシング力があり素材を傷つけずブラッシング力があるブラシでブラッシング。

最後の拭き取りには、汚れを残さず掻き出せて、吸水性の高さが求められます。これには、市販のタオルではなく、カークリーニングの定番アイテムの「マイクロファイバー素材」のクロスを使いましょう。

uesuao2.gif

車内だけでなく、ボディやガラス、タイヤやホイール、エンジンルームなど、カークリーニングの様々なシーンで大活躍するマイクロファイバークロス。このマイクロファイバークロスの中でも、品質の違いがありますので、業務用のマイクロファイバークロスがいいでしょう。

この業務用のマイクロファイバークロスで、ブラッシング後のフロアマットを拭き取りましょう。これでフロアマットクリーニングの基本的な作業手順は完了です。

次回は、フロアマットクリーニングを総称します。
























axekanban.gif

■業務用カークリーニング用品のアクス
〒194-0212
東京都町田市小山町179山口ビル1階
TEL:042-797-3886
FAX:042-797-3352
メール: info@axe123.co.jp
公式サイト: http://www.axe123.co.jp/hbinnetshop/index.html
posted by 業務用カークリーニング用品のアクス at 18:07| Comment(0) | フロアマットクリーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

初級レベル作業内容『フロアマット、足マット編』〜その7〜

前回ブログの続きです。前回までは、汚れが重度のフロアマットですからブラッシングするブラシにもブラッシング力が必要。しかし、モワモワ素材のフロアマットが傷付いてしまうから、ブラッシング力だけがある人口繊維の毛などのブラシではダメ。そんな内容でした。

靴のまま踏むフロアマットではありますが、素材が傷つく可能性は十分にあります。やはり、車内ルームクリーニングはこの「傷つく可能性」が作業について回ります。

ブラッシング力がありつつ、傷もつかないブラシ。まずは、ブラシを選ぶ上で「車内専用」を謳っている物を選びましょう。車内専用に作られたブラシの多くは、傷がつきにくく開発されています。

しかし、中には「車内専用」を謳っていても質の悪いブラシは、傷になってしまいます。車内専用だけではまだ弱いですね...。「車内専用」に加えて、「傷がつきにくい」などの文言を謳っているブラシを選んだ方がいいでしょう。

「傷がつきにくい」+「車内専用」のブラシ。これがベストです。これをフロアマットクリーニングに使いましょう。

...。

でも...。

「車内専用」はわかるけど...。

「傷がつきにくい」ブラシじゃブラッシング力が弱くて汚れが重度のフロアマットの汚れは落ちないんじゃ...。

なんて思う方もいるでしょう。確かに、「傷がつきにくい」ブラシのイメージは、毛がフニャフニャしていてブラッシング力が弱いイメージですよね。

a0007_001171_m.jpg

傷がつきにくい代わりにブラッシング力も弱い...。いいえ...!そんな事はありません。傷がつきにくい毛の素材でも、しっかりブラッシング力がある「車内専用」のブラシがあります。

ブラシのブラッシング力を左右する1つの要素に「コシ」があります。毛は柔らかいのにブラッシング力がある。これを実現するのがブラシの毛の「コシ」です。次回、フロアマットのクリーニング第二工程ブラッシング、最終回です。


















axekanban.gif

■業務用カークリーニング用品のアクス
〒194-0212
東京都町田市小山町179山口ビル1階
TEL:042-797-3886
FAX:042-797-3352
メール: info@axe123.co.jp
公式サイト: http://www.axe123.co.jp/hbinnetshop/index.html
posted by 業務用カークリーニング用品のアクス at 16:48| Comment(0) | フロアマットクリーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ