2017年01月24日

初級レベル作業内容『天井クリーニング編』 〜その8〜

前回ブログの続きです。前回までは、天井はまるで思春期の女子のようにデリケートであり、その天井クリーニングに使うブラシは、コシがあり、かつ傷がつきにくいブラシが適している。そんな内容でした。そして、その前のブログ記事でお話した毛の密度の問題。これらを兼ね備えたブラシが天井クリーニングに最も適しています。

●コシのあるブラシ
●傷がつきにくいブラシ
●毛の密度が濃いブラシ


そんな都合の良いブラシがあるのか...?あるんです!それがこれです。


20sitotennjyou-k.gif


sito45.gif


シート天井ブラシです。ルームクリーニング専用ブラシで、名前にも入っているようにシートや天井をブラッシングするのに適しています。先程言った天井クリーニングに適したブラシの要素3つを兼ね備えています。

まず、コシのあるブラシ。このシート天井ブラシは、ナイロンなどの人口繊維の毛ではなく、天然の馬のたてがみを使っています。

馬のたてがみは、人工的には作り出す事ができない独特のコシがあります。豚毛やその他の動物の毛には出せないしっかりしたコシがあります。

次に、傷がつきにくいブラシ。人口繊維ブラシは人工的に作られたがゆえにブラッシング力はあるブラシはあります。しかし、コシがありつつ傷がつきにくいブラシは非常に稀です。

このシート天井ブラシは、馬のたてがみ製です。柔らかくコシのあるブラシの毛です。傷がつきにくい上にコシもあります。

そして最後に、毛の密度が濃いブラシ。上の画像をご覧下さい。毛の隙間が非常に少なく密度が濃いのがお分かりいただけますでしょうか。

天然の馬のたてがみは希少で決して安い材料ではありません。その馬のたてがみをこれだけの本数を使っている。

天井クリーニングにはこの毛の密度の問題は、ムラの発生に大きく関係してきますので、ここまでの毛の本数、密度が必要になります。

以上、

●コシのあるブラシ
●傷がつきにくいブラシ
●毛の密度が濃いブラシ


この全ての要素を完璧に満たしたシート天井ブラシこそが、天井クリーニングに適したブラシです。天然素材の馬のたてがみが、傷がつきにくくコシがあり、ムラも大きく軽減してくれます。

このシート天井ブラシで、天井クリーニングのブラッシングは上手くいきます。次回は、天井クリーニングの最終工程です。

 <<シート天井ブラシ詳細ページこちら
20sitotennjyou-k.gif




















axekanban.gif

■業務用カークリーニング用品のアクス
〒194-0212
東京都町田市小山町179山口ビル1階
TEL:042-797-3886
FAX:042-797-3352
メール: info@axe123.co.jp
公式サイト: http://www.axe123.co.jp/hbinnetshop/index.html
posted by 業務用カークリーニング用品のアクス at 18:47| Comment(0) | 天井クリーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

初級レベル作業内容『天井クリーニング編』 〜その7〜

前回ブログの続きです。天井クリーニングに使うブラシは、代表的な汚れのタバコのヤニ汚れのクリーニングに特に出てしまうブラッシングによるムラを無くすために、毛の密度が濃いブラシを使う必要がある。しかし、ただ単に密度が濃ければいいわけではない。コシがなければいけない。でもコシが強いだけでもダメ。この様な内容でした。

ブラシの毛のコシが強ければブラッシング力も強くなり、汚れがよく落ちるように思いますよね...?しかし、ルームクリーニングには、【初級】 ルームクリーニング作業を始める前にすること。3 リスク回避の方法。でもお話したように、様々な素材や形状で構成されているがゆえに、リスクがあります。

ブラシをによるブラッシングでも、このリスクが発生します。車内のドアの内張りやダッシュボードなどのプラスチック素材部分には強く毛にコシがある強力ブラッシング力のブラシでゴシゴシ擦っても、大きなリスクはないでしょう。

しかし、車内は外装に比べ単純ではなく、一筋縄ではいきません。車内には布地やモケット地、本革シートなどのデリケートな素材が存在します。

このデリケートな素材は傷付きやすくナイーブです。まるで思春期の女子のようですが、まんざら冗談ではありません。このデリケートな素材...傷ついてしまっては中古車の価値が下がり、あなたのルームクリーニング作業の質、評価を下げる行為につながります。

ですので、コシがありつつ傷もつきにくいブラシ。これが天井クリーニングのブラッシングに最高に適したブラシになります。


DSC_0004.jpg



そんな都合の良いブラシあるの...?あります!この都合の良いブラシを次回にお話します。

















axekanban.gif


■業務用カークリーニング用品のアクス
〒194-0212
東京都町田市小山町179山口ビル1階
TEL:042-797-3886
FAX:042-797-3352
メール: info@axe123.co.jp
公式サイト: http://www.axe123.co.jp/hbinnetshop/index.html

posted by 業務用カークリーニング用品のアクス at 20:21| Comment(0) | 天井クリーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

初級レベル作業内容『天井クリーニング編』 〜その6〜

前回ブログ記事の続きです、前回までは天井クリーニングに必要不可欠なブラシの情報を掲載しました。天井の汚れをムラなく落すには、毛の本数が多く密度が濃いブラシを使わなければ、汚れを掻き出せている箇所、掻き出せていない箇所が生まれ、ムラになってしまう。この様な内容でした。

毛の密度が濃い。天井クリーニングをするブラシを選定する上で、大事な要素ですが、ただ毛が多く使われていて、密度が濃いブラシを選べば、天井クリーニングのムラの問題が解消されるわけではありません。

例えば、絵を描く時に使う、筆や刷毛のような物。

PP_hude-thumb-1000xauto-12652.jpg

ブラシ1本に対しての毛の量は多く密度も濃いですね。これを、天井クリーニングのブラッシングに使うのを想像してみて下さい。...いかがでしょうか??おそらく毛が軟らかく、力が無いイメージではないでしょうか。

そうです。いくら毛が多く密度が濃くても、毛自体のブラッシングの力が弱ければ、ブラッシングしても汚れは掻き出せません。これは、毛のコシの問題です。コシのある毛なら、効率的に天井の汚れを描き出せるレベルの高いブラッシングができます。

毛の密度が濃い+コシのある毛。これが最も天井クリーニングに適したブラシでしょう。しかし、このコシのあるブラッシング力が強い毛も少しばかり注意点があります。もはや当然の話なのですが、念のため次回にこの注意点の情報を掲載します。










axekanban.gif
■業務用カークリーニング用品のアクス
〒194-0212
東京都町田市小山町179山口ビル1階
TEL:042-797-3886
FAX:042-797-3352
メール: info@axe123.co.jp
公式サイト:http://www.axe123.co.jp/hbinnetshop/index.html
posted by 業務用カークリーニング用品のアクス at 18:26| Comment(0) | 天井クリーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ