2017年02月08日

初級レベル作業内容『フロアマット、足マット編』〜その8〜

前回ブログの続きです。前回までは、フロアマットクリーニングの第二工程ブラシによるブラッシング。これに使うブラシは、フロアマットの汚れが重度なため、ブラッシング力が必要。しかし、フロアマットに傷がつくのを防ぐためにブラッシング力がありながら傷がつかない「コシ」があるブラシを選びましょう。そんな内容でした。

今回でフロアマットクリーニング第二工程の最終回です。では、コシがあり、ブラッシング力があるブラシはどんな物でしょうか。ここは人間ではなく動物の力をお借りしましょう。

馬のたてがみでできたシート天井ブラシ。これならブラッシング力がありながら天然素材の毛なので傷もつきません。じゃあシート天井ブラシを...。

いいえ。これでもまだ違います。シート天井ブラシは確かに条件はクリアーしていますが、フロアマットの汚れは頑固ですし、意外にもサイズが大きくブラッシングするには根気、時間が必要です。

やはり、作業時間は短くしたいものです。シート天井ブラシではコシがあっても、作業時間がかかってしまいます。動物の毛のブラシじゃダメ...。

こうなったら、最終手段です。機械の力を借りましょう。手作業ではなく機械、つまりポリッシャーの力を借りてフロアマットクリーニングをします。

ポリッシャーのあの回転力があればシート天井ブラシによる手作業よりもはるかに速くブラッシングができます。しかも、ブラッシング力においても手作業に比べはるかに強力になります

これが、フロアマットクリーニングにおけるブラッシングの最善の策です。しかし、ポリッシャーは基本的には車のボディを磨くための機械...。先端に付けるのはブラシではなくバフ。これがポリッシャーのイメージです。

ご安心下さい!ポリッシャーでフロアマットクリーニングができる特殊なブラシがあります。

CIMG3371.gif

>>ポリッシャーでフロアマットクリーニングができる特殊ポリッシャーブラシ詳細ページこちら

さて、いよいよ次回は、フロアマットクリーニングの最終工程に入ります。




















axekanban.gif

■業務用カークリーニング用品のアクス
〒194-0212
東京都町田市小山町179山口ビル1階
TEL:042-797-3886
FAX:042-797-3352
メール: info@axe123.co.jp
公式サイト: http://www.axe123.co.jp/hbinnetshop/index.html



posted by 業務用カークリーニング用品のアクス at 19:57| Comment(0) | ルームクリーニング用語辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

カテゴリ