2015年06月16日

初級レベル作業内容『天井クリーニング編』 〜その5〜

前回ブログ記事の続きです、前回は天井クリーニングは洗浄剤(クリーナー)を散布して拭き取って終わりではない、ブラシによるブラッシングで汚れを掻き出す作業が必要である、というお話をしました。

今回は、そんな天井クリーニングをルームクリーニングのプロの業者が、『何を使って』、『どうやって天井クリーニングをしているのか』をお話します。タバコのヤニ汚れなどで汚く古くなった車内の天井、これを早くキレイにする秘密がわかります。

まず、天井クリーニングがうまくいかない原因に『ムラ』の問題があるのを思い出して下さい。これは、『初級レベル作業内容『天井クリーニング編』 〜その3〜』でもお話しましたね。うまくいかない原因、天井クリーニングのお悩みナンバー1が『ムラ』です。

初級レベル作業内容『天井クリーニング編』 〜その3〜』では、洗浄剤の散布方法がムラを無くす方法の1つである、という情報を掲載しました。今回は、『ブラッシング』です。ムラを無くす要因としてブラシによるブラッシングも1つ挙げられるのです。

洗浄剤は、1箇所に液を集中させるのではなく、万遍なく均一にかかるようにしましょう。というノウハウがありましたね。ブラシも基本的には同じ考え方です。

例えば、髪の毛を梳かすクシやコームのような物。これで天井をブラッシングしたらどうでしょう??目が粗過ぎてブラッシング(汚れを掻き出す)できている箇所、そうでない箇所が発生します。これではムラになります。


a1180_014278_m.jpg

つまり毛の本数が多く密度が濃いブラシを使わなければ、汚れを掻き出せている箇所、掻き出せていない箇所が生まれ、ムラになってしまうのです。これは、技術の有無、ルームクリーニングの経験の差などは関係ありません。もし、目の粗いブラシでもうまくクリーニングできるなら、それはおそらく莫大な時間を費やしているでしょう。

ですので、プロの天井クリーニングには『目の細かい、毛の密度が濃いブラシ』を選ぶ事がうまくいく第一のポイントです。しかし、目が細かいだけではムラは無くなりませんし、天井クリーニングはうまくいきません。第二のポイント、これを次回ブログ記事で公開します。

続く












axekanban.gif

■業務用カークリーニング用品のアクス
〒194-0212
東京都町田市小山町179山口ビル1階
TEL:042-797-3886
FAX:042-797-3352
メール: info@axe123.co.jp
公式サイト:http://www.axe123.co.jp/hbinnetshop/index.html


posted by 業務用カークリーニング用品のアクス at 18:52| Comment(0) | 天井クリーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

カテゴリ