2015年05月12日

初級レベル作業内容『天井クリーニング編』 〜その3〜

前回ブログ記事の続きです、前回は天井クリーニングで使うべき洗浄剤(クリーナー)についてお話しました。洗浄力が高いのはもちろん、身体に悪影響が無く、素材に害を与えない洗浄剤を選ぶべきだ、という内容でした。

さて、今回はその洗浄剤の『散布方法』についてです。つまり『スプレーの仕方』という事ですね。散布方法なんてスプレーをシュッシュッするだけなんじゃないの??、とお思いの方もいるかもしれません。しかし、それは違います。プロの天井クリーニングで洗浄剤を散布するには忘れてはいけない重要なポイントがあります。

まず、天井クリーニングがうまくいかない方のお悩みとして1番多いお声をご紹介します。それは、『ムラになってうまく仕上がらない...』です。汚れが落ちないわけでも、時間がかかるわけでもなく『ムラになってしまう』が最も多い悩みです。

そうです、天井クリーニングでは『ムラ』が最も厄介であり、最も解決すべきポイントです。このムラは散布方法で変わってきます。汚れの落としムラがあるという事は、洗浄剤の散布のムラや、ブラシのブラッシングのムラが考えられます。

ですので、散布方法次第で天井クリーニング最大の問題点のムラを増やす事も減らす事もできるのです。では、その散布方法の正しいやり方はどうやるのでしょうか??

正解は『洗浄剤を1箇所に重点的に散布しない事』です。洗浄剤が天井に均一にかかっていないと、それだけ洗浄力にもバラつきが出てきます。汚れが良く落ちている部分、あまり落ちていない部分が発生するわけです。これがムラ発生の原因です。


CIMG1934.gif

ですので、洗浄剤はあまり天井に近付け過ぎず、少し離して液剤が天井に万遍なく均一にかかるようにしましょう。これだけでムラが完全に無くなるとは言い切れませんが、軽減されるのは間違いありません。

さあ、これであなたは天井クリーニングの洗浄剤散布はできるようになりました。次は洗浄剤散布後の『ブラッシング』です。ブラシを使ってブラッシング、これを学んでいきましょう。

続く













axekanban.gif

■業務用カークリーニング用品のアクス
〒194-0212
東京都町田市小山町179山口ビル1階
TEL:042-797-3886
FAX:042-797-3352
メール: info@axe123.co.jp
公式サイト:http://www.axe123.co.jp/hbinnetshop/index.html
posted by 業務用カークリーニング用品のアクス at 16:35| Comment(0) | 天井クリーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

カテゴリ